NFT

【注目】NFTとは?|NFTのスゴさや有名なNFTも解説【革命】

「NFTって最近よく聞くけど、どういう意味?」

「NFTってなにがスゴいの?」

「NFTってどんなものが有名なの?」

という方向けの記事です。

NFTは最近テレビなどでも取り上げられるようになり、興味をもった方も多いのではないでしょうか?

世界では、1つ数億円で取引されるNFTもあります。日本でも、イラストレーターさんが描いた画像データが数十万円で取引されることもあります。
値段だけ聞くと「なんかあやしい・・・」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、NFTは時代を大きく変える革命的なものです。
そして近い将来、みんなが触れるようになるものです。

この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  1. NFTとはなんなのか
  2. NFTのスゴさ
  3. NFTで有名なもの

知識ゼロの人でもわかるように解説しますので、ぜひ最後までご覧ください!

NFTとは?

NFTとは、“1点もの”の価値をつけたデジタルデータのことです。
写真、イラスト、動画などはもちろん、ゲームのキャラやアイテム、仮想空間(メタバース)内の土地など、あらゆる電子上のデータがNFT化できます。

NFTは「Non-Fungible Token」の略で、直訳すると「非代替性トークン」です。
これは、「替えがきかない」という意味です。
NFTには1つ1つに固有の価値があり、識別することができます。
出回る量に上限があるものが多く、希少価値もあります。

現在は、NFT画像をTwitterなどのアイコンにするのが流行っています。
ちなみに私のアイコン画像も、私が持っているNFTです。
Motokoというキャラクターです。かわいくて気に入っています。

出典:Entrepot

NFTとブロックチェーン

NFTは、ブロックチェーンによって可能になったしくみです。
NFTの価値はブロックチェーンの高いセキュリティによって保護され、改ざんができなくなっています。

NFTはもともとNFTとして生まれるというより、ブロックチェーンによって普通のデータにNFTとして固有の価値が付与されるというイメージです。

たとえば・・・

モナリザの実物は世界に1つしかないので価値があります。
一方で、モナリザの画像データはいくらでもコピーできるので価値がありませんよね。

しかし、NFT化することで、画像データにも”1点もの”として価値ができます。「これは私の画像だ!」と証明できる鑑定書・所有証明書を付けられるイメージです。

NFTはコピーできない?

「NFTはコピーできない」とよく言われます。

しかし厳密に言うと、「NFTはコピーできない」のではありません。
「NFTはコピーしても意味がない」のです。

たとえば、NFT化された画像データがあるとします。
NFT化されても画像は画像なので、勝手にコピーし放題です(著作権はありますが)。

しかし、ブロックチェーン上の記録と紐付いている画像のみが、”1点もの”として価値があることを証明できます。
ブロックチェーンの記録を見ることで、だれがNFTの保有者なのかすぐにわかります。

NFTってなにがスゴいの?

NFTのしくみは大体わかったけど、なにがスゴいの?

という方もいると思います。

“NFTのスゴさ”を以下にまとめました。

  1. 個人がデータを保有・取引できる
  2. クリエイター中心の経済ができる
  3. 世界中の人とカンタンに取引できる
  4. 資産として価値が認められてきている

個人がデータを保有・取引できる

NFTによって、個人がデータを保有することができるようになりました。
さらに、だれでも自由に、自分のNFTデータを直接取引することができます。

これは従来の社会になかった革命的なできごとだと考えられます。

たとえば・・・

写真を撮ってインスタにアップしている方は多いですよね。
実はあなたがアップしている写真の保有者は、インスタを運営しているMeta(旧Facebook)社にあります。

保有者といってもあまりイメージが湧かないと思いますが、もしあなたのアカウントが凍結された場合はどうなるでしょうか?
あなたがこれまでアップしてきた写真も、応援してくれたフォロワーも、一瞬にして無くなります。結構コワいですが、実際に起きていることです。

ブロックチェーン版のSNSもたくさん出てきています(Twitter、インスタ、TikTok風のものなど)。今後は自分がアップした画像・文章・動画などを、自分のものとして保有できるようになっていきます。

クリエイター中心の経済ができる

アーティスト、イラストレーター、アニメーターといったクリエイターの方々は、これまで主に会社や事務所に属して仕事をしてきました。

ここで質問です。

クリエイターたちはこれまで、提供した価値に対して、正当に報酬がもらえていたでしょうか?

実際は、ほとんどが会社や事務所の利益に回っていたと考えられます。中間搾取ですね。
よく考えれば、生活を豊かにしてくれる創作物は、ほとんどクリエイターの方々が生み出しているといっても過言ではありません(音楽、映画、アニメ、小説などなど)。

NFTの登場によって、時代が変わりつつあります。
クリエイターがつくった作品を、自分でNFTとして直接出品できるようになりました。
それを購入してくれる人がいれば、クリエイターに直接収入が入ってきます。

さらに、販売したNFTが転売されると、その転売利益の一部をクリエイターに還元するしくみもあります。自分の作品が人気になるほど、クリエイターが豊かになるしくみです。

こういったクリエイター中心の経済のことを、「クリエイターエコノミー」といいます。

世界中の人とカンタンに取引できる

出典:OpenSea

NFTは、世界中の人と取引することができます。
そもそもブロックチェーンは国を超えた技術なので、国籍などは関係ありません。

具体的には、OpenSeaなどのマーケットプレイス(市場)で出品したり購入したりできます。取引には基本的に仮想通貨が使われます(イーサリアムなど)。
めんどうな会員登録やカード登録などは必要なく、「ウォレット」というアプリを接続するだけで利用することができます(メタマスクなど)。

こういったグローバルさや手軽さも、NFTの人気のヒミツです。

資産として価値が認められてきている

NFTは資産として世界中で価値が認められ始めています。
1つあたり数万円〜数十万円のものから、数千万円〜数十億円するものまであります。
投資対象として、世界中のセレブや大企業、プロの投資家までもが注目しています。

なんでそんなに価値がつくの?

と疑問に思う方も多いですよね。
これにはいろいろな理由があります。

NFTの利用価値を求めて買う人もいれば、社会的なステータスとして見せびらかすために買う人もいます。値上がりを期待して買う人もいれば、資産運用のために買う人もいます。

特定のNFTをもっている人だけが受けられるサービスがあったり、NFTを担保にお金(仮想通貨)が借りられるサービスも出てきています。

投資や開発が活発に進んでいる分野なので、今後も利用の幅は拡大していきます。

NFTで有名なもの【海外】

出典:OpenSea

ここでは、世界的に有名なNFTコレクションをご紹介します。
NFTは無数にあり、毎日増え続けているので、あくまで一例になります。

CryptoPunks

出典:OpenSea

CryptoPunks(クリプトパンクス)は、世界でもっとも有名なNFTです。
このドット絵が、なんと1枚10億円以上で取引されたものもあります。
信じられないかもしれませんが、最古のNFTプロジェクトと言われるCryptoPunksは希少価値が高く、高い人気があります。

Bored Ape Yacht Club(BAYC)

出典:OpenSea

Bored Ape Yacht Club(ボアードエイプヨットクラブ/BAYC)は、最近もっとも注目を集めているNFTと言えます。「退屈なサルのヨットクラブ」という意味ですね。

BAYCを持っている人だけが参加できるヨットパーティーがあったり、ゲームのアイテムとして使えるような開発も進んでいます。
1枚2,000万円以上で取引されており、世界中のセレブなどを中心に取引されています。

Doodles

出典:OpenSea

Doodles(ドードルズ)は、カラフルでかわいい絵が特徴のNFTです。
1枚200万円以上で取引されています。
「あれ、安い・・・?」感覚がおかしくなってきますね笑。

CLONE X

出典:OpenSea

CLONE X(クローンエックス)は、RTFKTと村上隆氏が作成したNFTコレクションです。
RTFKT(アーティファクト)は、NFTスニーカーを制作しているメイカーです。スポーツファッションブランドのNIKE(ナイキ)がRTFKTを買収したことで、一気に注目が集まりました。

RTFKTなどを中心に、メタバース(仮想空間)内でアバターの着せ替えやショッピングを楽しむ「デジタルファッション」が注目されています。

The Sandbox

出典:OpenSea

The Sandbox(サンドボックス)は、もっとも有名なメタバース(仮想空間)の1つです。
NFTとして、The Sandboxの中の土地(ランド)を販売しています。

スポーツファッションブランドのAdidas(アディダス)が購入したことも話題になり、世界中の大企業や有名人がThe Sandboxの土地を購入して値上がりしています。

NFTで有名なもの【日本】

ここでは、日本で有名なNFTコレクションをご紹介します。
もちろん他にもたくさんの素晴らしい作品がありますが、ここでは一部をご紹介します。

CryptoNinja

出典:OpenSea

CryptoNinja(クリプトニンジャ)は、日本人インフルエンサーのイケハヤさん@IHayato)がプロデュースする国内最大規模のNFTプロジェクトです。

「Ninja DAO」というグループで運営しており、メタバース内でのイベントやゲーム開発など、多方面で展開しています。ファンによる二次創作が活発なことでも有名です。

また、EXILEのメンディーさんが購入したことも話題になりました。

AimiSekiguchi

出典:OpenSea

こちらは、メタバースアーティストのせきぐちあいみさん(@sekiguchiaimi)のNFTコレクションです。奥行きのある”立体的な絵”というんでしょうか?不思議な体験が味わえます。

せきぐちあいみさんは、メタバース内に入りこんで3Dのアートを作成するアーティストです。テレビにも出演されるほど有名な方です。

映像を見ていただいた方がイメージが湧くと思います👇
まさに”未来人”ですね。カッコいい!

KEIGOINOUE

出典:OpenSea

こちらは、映像クリエイターのケイゴイノウエさん(@mushiki_k)の作品のNFTコレクションです。

ケイゴイノウエさんは、アーティストAdoさんの楽曲「夜のピエロ」のイラストを担当するなど、非常に注目を集めている方です。

イラストと映像を組み合わせた独特の世界観がカッコいいです!

onigiriman’s cute girl Collection

出典:OpenSea

onigiriman’s cute girl Collectionは、日本人イラストレーターのonigiriman(おにぎりまん/@onigiriman1998)さんが手がけるNFTコレクションです。

海外からの人気も高く、Binance NFTで3,000枚のNFTを出品したところ、一瞬で完売。
売上額は1日で3,000万円以上。日本人NFTクリエイターとして、新たな歴史を作りました。

KawaiiGirlNFT Collection

出典:OpenSea

KawaiiGirlNFT Collectionは、日本人イラストレーターのAme-chan(あめちゃん/@KawaiiGirlNFT)さんが手がけるNFTコレクションです。

日本のNFTを海外へ発信する「NFTJPN(@_NFTJPN_)」プロジェクトで有名なパジさん(@paji_a)などのインフルエンサーもアイコン画像にしています。

まとめ

以上、NFTについて解説してきました。

NFTは、今後も市場が伸びていく分野です。
あらゆるものがNFT化し、社会に浸透していくと考えられています(Coindesk)。
今のうちにNFTについて知っておくと、時代を先取りできるかもしれません!

ここで紹介しきれない魅力もたくさんあるので、ぜひご自身でも調べてみてください!

NFT購入は投資なので、しっかり考えたうえで行いましょう。
偽物も出回っているので、購入の際は注意です!

このブログがお役に立てば幸いです。
よければTwitterでシェアしてくださいね!
それでは!ウォッチャーでした。

OpenSeaでNFTを購入する場合、メタマスクというウォレットが必要になります。
ご興味があればこちらをどうぞ👇

NFTを活用したNFTゲーム(GameFi)の分野も話題です👇

ABOUT ME
ウォッチャー
個人投資家。仮想通貨投資で生きてます。資産の90%をICP、BTC、ETHで保有。10%をGameFi、メタバースへ分散。長期目線。ファンダ重視。ゲーマー。クリプトの面白さを広めたい!