投資のコツ

【2022年】仮想通貨を買うタイミングはいつ?投資家が解説します

「仮想通貨ってどのタイミングで買えばいいの?」

「稼いでる人はどうやって買ってるの?」

という方向けの記事です。

仮想通貨は価格が上がったり下がったりを繰り返しています。
「買い時だ!」と思って買っても、さらに下がって損したり…
買うタイミングっていまいちわかりにくいですよね。

この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  1. 仮想通貨を買うタイミング
  2. 仮想通貨のおすすめの買い方

仮想通貨投資で生活しているウォッチャーが解説します!

仮想通貨を買うタイミングはいつ?

仮想通貨を買うタイミングについて、結論は以下のとおりです。

  1. 大暴落時
  2. マーケット総悲観時
  3. ビットコイン半減期前
  4. 大型アップデート前

以下でくわしく解説します!

大暴落時

仮想通貨は毎年何度か大暴落しています。
過去のデータを見ると、暴落してもしばらくすれば元の価格に戻っています。
暴落時に買って置いておけば、上昇時に利益が出ますね。

出典:CoinMarketCap

仮想通貨は、信頼がなくなったり、世界的な不況になったりすると暴落します。
大暴落の主な原因は、以下のとおりです。

  • 主要国での規制
  • パンデミック
  • 大企業の退出

こちらの記事でくわしく解説しています。

マーケット総悲観時

暴落時は買い時ですが、さらにそこから暴落することもあるので判断が難しいです。

判断材料の1つとして、Fear&Greed(F&G)指数があります。
これは、投資家が仮想通貨に対して「恐怖か貪欲か」を示す指数です。
マーケットの様々な要因を考慮して、毎日算出される重要な数値です。

出典:Fear&Greed Index

指数は0〜100で表され、数字が小さくなるほど悲観的となります。
たとえば、2022年1月9日現在、数値は「23」です。
仮想通貨は暴落しており、マーケットは総悲観です。
米国の金融政策の先行きが見えない不安から、投資家はかなり弱気になっています。

このようなマーケット総悲観時は価格が割安になる傾向にあるので、買い時と言えます。

F&G指数はあくまで判断材料の1つです。
投資家はオンチェーンデータやテクニカル指標などを見ながら複合的に判断しています(参考:glassnodecoinglass)。

とくに投資でよく言われるのは、「落ちきったナイフを拾う」ということです。
マーケットが冷え切って「仮想通貨はもう終わった」と言われるときこそ絶好の買い時だったりします。

ビットコイン半減期前

ビットコインが半減期になるタイミングで、仮想通貨の価格は上昇します。

半減期とは、ビットコインのマイニング量が半分になるタイミングのことです。

半減期は約4年ごとに訪れるので、次の半減期は2024年になります。

半減期によってマイニング量が減ると、市場に出回る量が減るのでビットコインの価格が上がります。
仮想通貨全体の価格はビットコインに連られて動く傾向があるので、半減期前は買い時になります。
ただし、みんなそれを狙っているので、余裕をもって買っておく必要があります。

大型アップデート前

仮想通貨には、大型アップデートによって機能が向上するタイミングがあります。

たとえば、ビットコインは2017年8月に「セグウィット」、2021年11月に「タップルート」という大型アップデートがありました。
これらのアップデート前は、機能向上への期待感から少しずつ価格が上昇していました。

また、イーサリアムでは「イーサリアム2.0」という大型アップデートが進行中です(2022/1/10現在)。
2022年中に完成することが予定されています。

「イーサリアム2.0」が完成すれば、スケーラビリティの問題解決につながります。
(安く、早く使えるようになります。)
機能向上によって、イーサリアムの価格が上がると考えられます。

ただし、アップデートが期待ハズレになれば下がる可能性はあるので注意です。

仮想通貨のおすすめの買い方

仮想通貨のおすすめの買い方は、「ドルコスト平均法」です。
初心者の方はこれだけで十分利益が出せます。

こちらの記事で解説しています。

今回ご紹介するのは、仮想通貨に慣れてきてレベルアップしたい人向けの方法です。

押し目買いとドルコスト平均法を組み合わせる投資方法です。
押し目買いとは、暴落したタイミングで買いに入ることです。
上で紹介した4つの事例のうち、とくに暴落時・マーケット総悲観時に有効です。

まず、押し目買い用の資金と、ドルコスト平均用の資金に分けます。
ドルコスト平均法で少しずつ積み立てをしながら、ストンと落ちたタイミングで押し目買い用の資金を使って買います。

暴落の判断については、上での解説をご参照ください。
判断がうまくいけば、ドルコスト平均法よりも高いパフォーマンスが出せます。

ただし、暴落の判断は難しいので、ドルコスト平均法だけで十分だと思います。
押し目買いができる人はトレーダーになった方がいいかもしれません笑。

ドルコスト平均法を自動で行う方法もあります。
コインチェックの「コインチェックつみたて」では、設定した額を設定したタイミングで自動で購入してくれます。

コインチェック

まとめ

以上、仮想通貨を買うタイミングと、おすすめの買い方について解説してきました。

個人的には、マーケットが冷え切っているときが一番の買い時だと思います。
「仮想通貨バブルは終わった」とかみんなが言い出した時ですね笑。

もちろん日々の情報収集も大事になります。
このブログが参考になれば幸いです。

それでは!ウォッチャーでした。

ABOUT ME
ウォッチャー
個人投資家。仮想通貨投資で生きてます。資産の90%をICP、BTC、ETHで保有。10%をGameFi、メタバースへ分散。長期目線。ファンダ重視。ゲーマー。クリプトの面白さを広めたい!