NFTゲーム

【検証】Thetan Arenaはどれくらい稼げる?ランクごとにヒーローのROIを計算してみた

「Thetan Arenaってどれくらい稼げるの?」

「どのランクのヒーローを買えばいいの?」

「どれくらい勝てば利益が出るの?」

という方向けの記事です。

Thetan Arenaは、プレイ人口が1,000万人を超えた世界で人気のNFTゲームです。

「Thetan Arenaで稼ぎたい!」という人も多いですよね。
私もThetan Arenaにハマり、ヒーローを買って毎日プレイしています。

そんな中、やはり気になるのは投資効率です。
今回はヒーロー別・勝率別にROIを計算してみました。

ROI(Return On Investment)とは、投資利益率のことです。
「投資した額に対してどれだけ利益が出たか」の割合です。

以下で、データをもとに解説します!

すべて2022年1月8日時点のデータになります。

Thetan Arenaはどれくらい稼げる?ランク別にヒーローのROIを計算してみた

Thetan Arenaの勝率とヒーローランクごとに利益率をまとめました。
結論は以下のとおりです。

1THC=0.1ドルとして計算(2022/1/8)。
ROI以外の単位は全てドルです。

勝率60%

ランク 利益 ROI プレイ日数 1日あたりの利益
Legendary 369.74632 34.11% 71.16666667 5.195498642
Epic 33.37 12.54% 41.6 0.8021634615
Common 33.6012 38.01% 28.625 1.173841048

勝率50%

ランク 利益 ROI プレイ日数 1日あたりの利益
Legendary 127.4836 11.76% 71.16666667 1.791338642
Epic -16.55 -6.22% 41.6 -0.3978365385
Common 13.266 15.01% 28.625 0.463441048

勝率40%

ランク 利益 ROI プレイ日数 1日あたりの利益
Legendary -114.77912 -10.59% 71.16666667 -1.612821358
Epic -66.47 -24.97% 41.6 -1.597836538
Common -7.0692 -8.00% 28.625 -0.246958952

具体的な計算

具体的な計算は以上のとおりです。
(画像が小さくて申し訳ないです)

計算式は以下のとおりです。

利益=(gTHCバトルの残り回数×最大報酬×勝率×gTHCの価格)
    − 換金手数料4% − ヒーロー購入価格

ROI=利益/ヒーロー購入価格

ヒーローの取得価格は、2022年1月8日時点のマーケットプレイスで「Cheapest Price per Remaining gTHC battles」でソートをかけ、安いヒーロー数体を見て平均的な価格のものを参照しています。

出典:Thetan Arena
出典:Thetan Arena
出典:Thetan Arena

考察

計算結果をもとに、Thetan Arenaの投資効率について考えてみます。

Epicは投資効率が悪い

LegendaryやCommonに比べて、Epicの投資効率はかなり悪いようです。
今回の計算では、勝率50%でもマイナスになっています。

買うならLegendaryかCommonですね。

Commonの投資効率は良いが、時間効率が悪い

LegendaryとCommonを比べた場合、Commonの方がROIは高い結果になりました。

しかし、ふつうの投資と違ってプレイする必要があるので、時間効率も考える必要があります。
キャラ数を増やせばたくさん稼げますが、1日あたりのプレイ時間が増えてしまうので難しいですよね。
ここは人によりますが、自分が毎日楽しめる範囲でプレイできればキャラ数を増やしても良いのではと考えています。

「Play to Earn」が「Work to Earn」にならないようにしたいですね笑。

勝率60%以上はかなり投資効率が良い

勝率60%以上をとれればかなり投資効率が良いですね。
LegendaryとCommonではROI30%超えを叩き出しています。

プレイ日数(回収期間)もLegendaryで72日、Commonで28日なので、かなり早いのではないでしょうか。
途中でヒーローを売ることもできますしね。

勝率50%を切るとマイナスのリスク

勝率50%を切るとマイナスのリスクがあります。
今回の計算では、勝率40%だとすべてのランクで利益がマイナスになっています。

Thetan Arenaはプレイスキルが重要なNFTゲームだと言えます。
各ヒーローの操作の向き不向きもあると思うので、しっくりこない場合はすぐ売って別のヒーローに乗りかえたほうが良さそうです。

THCとヒーローの価格が重要

勝率と利益の関係については、THCの価格に大きく左右されます。

なるべくTHCの価格が高いタイミングでまとめて換金しましょう。

1THC=0.1ドルを下回ってくると利益の維持が難しくなってきます。
逆に1THC=0.1ドルを上回ると、勝率が低くても利益が出しやすいです。
このあたりはユーザー数の増減、バーンの頻度、THCのユーティリティなどにかかってきますね。

また、ヒーローの購入価格(初期投資費用)も重要なので、ソートをかけて安いものを買いましょう。

結論

まとめると、結論は以下のとおりです。

  1. Thetan Arenaはプレイスキルが重要(勝率50%↑)
  2. ヒーローはLegendaryかCommonを購入
  3. THCの価格が高いときにまとめて換金

「Play to Earn」は、投資と労働の中間のようなものだと考えています。
ほっといても稼げるわけではなく、労働ほど作業しなくていい。
だからこそ、どの程度時間を使うかは個人によって変わると思います。

計算シートの配布

THCやヒーローの価格は毎日変わります。
勝率も人それぞれ異なります。
「自分で計算したい!」という方も多いと思います。

そんな方向けに、今回使用した計算シートのデータを配布します。
このシートは、マーケットプレイスのヒーローの”割安感”の判断にも使えます。

応募方法

Twitterフォロー後、DMで「ブログを見た」と送ってください。

Twitterはこちらからどうぞ👇

この記事と計算シートがお役に立てば幸いです(*´∀`)

それでは!ウォッチャーでした。

ABOUT ME
ウォッチャー
個人投資家。仮想通貨投資で生きてます。資産の90%をICP、BTC、ETHで保有。10%をGameFi、メタバースへ分散。長期目線。ファンダ重視。ゲーマー。クリプトの面白さを広めたい!