IDO / IGO

仮想通貨のIDOとは?ICO/IEO/IGO/INOとの違いも解説

「仮想通貨で出てくるIDOってなに?」

「ICOとかIEOとかわけわからん」

「なんでいっぱいあるの?」

という方向けの記事です。

仮想通貨をさわっていると、IDOやIEOといった言葉をきくことがあるかもしれません。最近はIDOが増えており、日常的にあちこちで行われています。
これらは仮想通貨の流れを理解するのに大事なものです。金銭的な利益にもつながります。ぜひ知っておきたいですね!

この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  1. IDOとはなにか
  2. ICO/IEO/IGO/INOとの違い
  3. IDOが増えた経緯
  4. IDOに参加する方法

仮想通貨のIDOとは?

IDOとは、「Initial DEX Offering」の略で、プロジェクトが資金調達するためにトークン(仮想通貨)を発行して販売するイベントのことです。

取引所へ上場する前に開催され、トークンは比較的安い価格で販売されます。
基本的には上場と同時にトークンの価格が上がります。投資家目線では、このときの売却益をねらってIDOに参加する人が多いです。

IDOの”D”は「DEX(分散型取引所)」ですが、基本的にはローンチパッドで開催されます。
ローンチパッドはIDOの案件が集まっている場所で、IDOプラットフォームとも呼ばれます。

ICO/IEO/IGO/INOとの違い

ICOは、「Initial Coin Offering」の略で、IDOと同じく資金調達のために仮想通貨を発行して販売するイベントのことです。トークンセールとも呼ばれます。
IDOとの違いは、ローンチパッドなどを通さずにプロジェクトが独自で販売します。発行者が投資家へ直接売るのがICOですね。

IEOは、「Initial Exchange Offering」の略で、こちらも趣旨はIDOやICOと同じです。
他との違いは、CEX(中央集権型取引所)を通して販売されることです。CEXはコインチェックやGMOコイン、海外だとBinanceやBybitなどの取引所のことですね。

IGOは、「Initial Game Offering」の略で、IDOのうちゲーム(GameFi)に関するプロジェクトについて行われるものです。IDOとほぼ同じですね。

INOは、「Initial NFT Offering」の略で、トークンではなくNFTの販売を行って資金調達するものです。IDOと同じような方法で開催されます。

IDOが増えた経緯

いろいろ出てきてややこしくなってきたと思うので、整理していきましょう。
IDOが増えた経緯について知ると、一気にわかりやすくなります。

ICO → IEO → IDO/IGO/INO

まず最初に出てきたのが、ICOです。2017年に流行しました。
たくさんのプロジェクトがICOでサクッと資金調達して立ち上がりました。
しかし、ICOを行うプロジェクトの中には、資金を調達するだけしてトンズラする詐欺プロジェクトが大量に出てきました(ラグプル)。これでは投資家は安心して購入できません。まともなプロジェクトにとってもマイナスです。

そこで、IEOが登場しました。
IEOは、CEX(取引所)が事前に審査して合格したプロジェクトだけが資金調達を行うものです。これで投資家は安心してトークンを買うことができるようになりました。
しかし、IEOにも問題がありました。CEXの審査が厳しすぎたのです。これにより、トークンを発行して資金調達するハードルがグッと上がりました。

そこで、IDOが登場しました。
IDOは、ローンチパッドが事前に審査して合格したプロジェクトだけが資金調達を行うものです。IEOよりも審査基準はやさしい分、多くのプロジェクトが資金調達をできるようになりました。現在はIDOが主流になっています。

その後、ローンチパッドでIGOやINOが行われるようになりました。
現在は、ICOはほとんど行われていないようです。IEOは引き続き行われています。

IDOに参加するには?

IDOに参加するには、メタマスクなどのウォレットを用意して、参加のための手順を踏む必要があります。やや複雑なので、DeFiなどでメタマスクの使い方に慣れてから参加することをオススメします。

👇こちらの記事でくわしく解説しています。

まとめ

以上、IDOの特徴・経緯と、ICO/IEO/IGO/INOの違いについて解説しました。

経緯がわかると理解しやすいですよね。
IDOは利益を出しやすいですが、リスクもあります。しっかり調べてから参加してくださいね。

この記事がお役に立てば幸いです。
よければTwitterでシェアしてくださいね!
それでは!ウォッチャーでした。

ABOUT ME
ウォッチャー
個人投資家。仮想通貨投資で生きてます。資産の90%をICP、BTC、ETHで保有。10%をGameFi、メタバースへ分散。長期目線。ファンダ重視。ゲーマー。クリプトの面白さを広めたい!