DeFi

【給付金】ICP初のDEX「Sonic」をさわってみた【使い方】

ICPで初のDEXが来ました!名前は「Sonic」。
2022年1月23日に、メインネットがリリースされました。
ICPでもDeFiができるようになりますね。テンション上がります。

DeFiのおかげで、さっそくバーン量も増えているようです。

今回の記事は、DeFiの経験がある上級者向けになります。
PancakeSwapなどで慣れてから試してみてくださいね。

公式によると、初期の流動性提供者にはSONICトークンのエアドロップがあるようです。

さっそくテスト用にウォレットを作成して、少額でSonicを使ってみました。
今回は、エアドロ狙い&ICP探検の意味を込めて、Sonicの使い方を画像で解説します。

ICP初のDEX「Sonic」の使い方

まず前提として、ICPのウォレットである「Plug Wallet」が必要です。
事前にインストールをお願いします。
メタマスクと同じ要領でインストールできます。

念のため、BinanceからICPを送金するところから解説します。

以下で画像で順番に解説します!

BinanceからPlug Walletへ送金

BinanceでICPを出金していきます。

出典:Binance
出典:Binance

アドレスが必要になるので、Plugを開きます。
画像に沿って順番にクリックしていってください。

アドレスが2つありますが、取引所からの出金は下の方なので注意です。

コピーしたらBinanceに戻ります。

出典:Binance

必要事項を入力して、送金!

SonicでSwapする

送金が完了したら、Sonicへいきます。
いつものように右上からウォレットを接続しましょう。

Swapの画面で、交換するトークンを選択します。
今回は、XTC-WICPのLPを組んで流動性を提供していきたいと思います。

まずXTCから手に入れます。

XTC(サイクルトークン)の詳細についてはこちら

今回のテストでは8ICP用意したので、半分の4ICPをスワップ(Mint)。
「Deposit〜」のチェックを入れておくと、あとで手間が省けるので便利です。

Confirmをクリックします。
一気に複数のトランザクションを処理してくれるみたいです。便利ですね!

しばらく待っていると・・・

完了しました。

同じ要領で、もう半分の4ICPを使ってWICPをゲットします(Wrap)。

完了です。

これでXTCとWICPが手に入りました。

Sonicで流動性提供する

それでは流動性提供をしていきましょう。

Liquidityをクリックします。

Create Positionをクリック。

ここで、先ほど手に入れたXTCとWICPでLPを組んでいきましょう。

こんな感じで入力します。
入力できたらReview Supplyをクリック。

Confirm Supplyをクリック。

ウォレットの処理(Confirm)をして、完了です!

これで流動性提供が完了しました。

Sonic公式Twitter(@sonic_ooo)をフォローして、続報を待ちましょう。

まとめ

以上、Sonicの使い方を解説しました。

他のDEXとほとんど同じですね。
トランザクションを一気に処理してくれるのはうれしいです。
今後もICPを追いかけてたいです。

この記事がお役に立てば幸いです。
よければTwitterでシェアしてくださいね!
それでは!ウォッチャーでした。

ABOUT ME
ウォッチャー
個人投資家。仮想通貨投資で生きてます。資産の90%をICP、BTC、ETHで保有。10%をGameFi、メタバースへ分散。長期目線。ファンダ重視。ゲーマー。クリプトの面白さを広めたい!