NFTゲーム

【2022年】NFTゲーム/GameFiとは?稼げるしくみや人気ゲームも紹介!

「ゲームで稼げるってほんと!?」

「NFTゲーム?GameFi?なにそれ?」

「どんなNFTゲームがあるの?」

という方向けの記事です。
この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  1. NFTゲーム/GameFiとはなにか
  2. NFTゲームで稼げるしくみ
  3. 人気のNFTゲーム

2021年は、Axie Infinity(アクシーインフィニティ)など多くのNFTゲームで盛り上がりました。
「ゲームで稼ぐ」という新しいスタイルに興味をもつ人は増えています。
(私も休憩中にNFTゲームで稼いでます!)

日本のスクウェア・エニックスなども本格的に参入を決めています。
世界中が注目するNFTゲームは、2022年さらに盛り上がると予想されています。

以下でわかりやすく解説します!

NFTゲーム/GameFiとは?

NFTゲームとは

NFTゲームとは、ブロックチェーン上に作られたゲームのことです。
「ブロックチェーンゲーム(BCG)」や「クリプトゲーム」ということもあります。

ゲームではNFTとトークン(仮想通貨)が使用されます。

キャラクターやゲーム内のアイテム、土地など色々なものがNFT化されています。
NFTはデータですが、1つずつに価値があります。
これらのNFTを使用してゲームを遊ぶことができます。

ゲームを遊んだりNFTを売買したりするときに、ゲーム専用のトークンが使われます。

GameFiとは

GameFi(ゲーミファイ)とは、NFTゲームを中心とした経済圏のことです。
「Game(ゲーム)」+「Finance(金融)」の造語ですね。

人が集まって、NFTやトークンがやりとりされると、1つの経済圏のようなものができます。NFTゲームを中心にしたコミュニティですね。

NFTゲームは個々のゲームのことで、GameFiはNFTゲームを含んだ広い用語です。
ただ、GameFiとNFTゲームは同じ意味で使われることもあります。
とくに意識しなくても大丈夫です。

Play to Earn(P2E)

NFTゲームをプレイしてお金を稼ぐことを、「Play to Earn(プレイトゥーアーン)」といいます。「遊んで稼ぐ」という意味ですね。
略して「P2E」ともいいます。

以下ではNFTゲームで稼げるしくみを解説します!

NFTゲームで稼げるしくみ

ゲームプレイ

NFTゲームでは、ゲームをプレイして稼ぐことができます。

たとえば、ゲーム内のバトルで他のプレイヤーに勝つことでトークンがもらえます。
また、冒険してNFTのアイテムをゲットすることもできます。

ゲームによってトークンやNFTの入手方法は異なります。
対戦系のゲームでは、バトルに勝つほど稼げるものが多く、プレイヤースキルが必要になることもあります。

「ゲームがうまい人ほど稼げる」っておもしろいですよね。
スポーツの世界みたいです。

トークン売買

ゲームプレイで稼いだトークンを、別の仮想通貨へ交換することができます。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨へ変えたり、USDTやBUSDなどのステーブルコインへ変えたりできます。

もちろん、日本の取引所へ送金して円に交換し、出金することもできます。

プレイして得たトークンを売るのが主流の稼ぎ方です。革命的ですよね。
ブロックチェーンのおかげで実現できるようになりました。

ステーキング

NFTゲームの中には、トークンをステーキング(預け入れ)して利回りを稼げるものもあります。
年利数%以上の金利がつくことも珍しくありません。

ゲームプレイで稼いだトークンをステーキングで増やす。
ゲームのお金で資産運用ができるってスゴいですよね。

ただし、預けている間にトークン自体の価値が下がることもあるので注意です。

NFT売買

NFTゲームの中では、キャラクター、アイテム、土地など、あらゆるものがNFT化されています。
1つ1つに固有の価値があるので、NFTを売買して稼ぐことができます。
ユーザー同士でNFTを売買できる「マーケットプレイス」という市場が用意されています。

たとえば、「ゲーム内でゲットしたアイテムを売って稼ぐ」みたいなことができます。
また、「安いうちにレアアイテムを買っておいて、高くなったら売る」みたいなことも可能です。
他の投資と変わらないですね。ゲーム内資産への投資です!

「The Sandbox」など、ゲーム内の土地が数百万円で取引されることも珍しくありません。

人気のNFTゲーム

ここでは人気のNFTゲームを3つ厳選して紹介します!

Axie Infinity

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)は、P2Eブームの火付け役になったNFTゲームです。おそらく世界で最もよく知られているNFTゲームですね。

「アクシー」という丸い生き物3匹のチーム同士で戦う対戦ゲームです。
アクシーごとに属性、ステータス、スキルなどが異なっており、組み合わせ方によって戦略的なバトルが楽しめます。アクシーはNFTになっており、売買できます。

出典:Axie Infinity Marketplace

バトルを通して「SLP」というトークンがもらえます。
1SLP=約3円で取引されています(2022年1月4日現在)。
うまい人はSLPをたくさん売って月に数万円稼いでいます。

出典:CoinMarketCap

フィリピンなどでは、ゲームで稼いで生計を立てている人もかなりいます。
物価と賃金の安い国では、世界水準でお金を稼げるNFTゲームはおいしいですね。
ビジネスとして、人を雇ってアクシーをプレイしてもらう、なんてことも起きてます。

DeFi Kingdoms

DeFi Kingdoms(ディファイキングダム)は、最近一気に注目を集めているNFTゲームです。日本人のプレイ人口もかなり多いです。
昔のファイナルファンタジーのような、ドット絵が特徴のRPG風ゲームです。

ワールド内にバンク、マーケットプレイス、ガーデンなど様々な要素が用意されています。
ゲーム内での活動を通してトークンを稼いでいくしくみです。
プレイスキルなしでも楽しめる、まったり系のゲームですね。

「ヒーロー」というキャラクターを使ってプレイします。
ヒーローはNFTになっており、売買できます。

DeFi Kingdomsのトークンは「JEWEL」といいます。
1JEWEL=約2,400円ですね(2022年1月4日現在)。

出典:CoinMarketCap

DeFi Kingdomsの取引ボリュームはNFTゲームの中で第1位(2022年1月4日現在)。
Axie Infinityの約4倍です。かなり盛り上がっていますね。

出典:Dapp Rader

Thetan Arena

Thetan Arena(シータンアリーナ)は、アクション性の高いバトルが楽しめるNFTゲームです。ブロスタのようなMOBA系ゲームです。
スマホで手軽にできるゲームですが、そこそこ高いプレイスキルが求められます。

Thetan Arenaは、無料で始めることができます。
Axie Infinityなど他のゲームは初期投資が必要なものが多いですが、Thetan Arenaはアプリをダウンロードしてすぐプレイできます。
(ただし、無料プレイだけで稼ぐのは厳しいです。)

4vs4のチームに分かれて戦うモードや、個人で戦うバトルロイヤルモードがあります。

出典:Thetan Arena

「ヒーロー」というキャラクターを使ってプレイします。
ヒーローごとに動き方や攻撃のしかたが異なり、戦略的にスキルを使って戦います。
ヒーローはNFTになっており、売買できます。

Thetan Arenaでもらえるトークンは「THC」といいます。
1THC=約14円ですね(2022年1月4日現在)。
体感では、時給1,000円弱くらいですかね。

出典:CoinMarketCap

私もかなりThetan Arenaにハマっています(*´∀`)

まとめ

以上、NFTゲーム/GameFiについて解説してきました。

「ゲームで稼ぐ」なんて、すごい時代になりましたね。

2022年はさらに盛り上がりが期待できます。
仮想通貨に興味がない人も、「ゲームで稼げる」と聞くと気になりますよね。

ゲームからクリプトへ入ってくる人も多いかも?
気になった方は、ぜひプレイしてみてください(*´∀`)

それでは!ウォッチャーでした。

NFTゲームには、ウォレットが必要になる場合が多いです。
また、ゲーム内トークンのやりとりやガス代で海外取引所が必要になる場合も多いです。
ご興味があれば以下の記事をご参照ください👇

ABOUT ME
ウォッチャー
個人投資家。仮想通貨投資で生きてます。資産の90%をICP、BTC、ETHで保有。10%をGameFi、メタバースへ分散。長期目線。ファンダ重視。ゲーマー。クリプトの面白さを広めたい!