用語集

仮想通貨のDeFi用語まとめ|よく見る”あの言葉”の意味は?

DeFiやってるとわからない用語多すぎ…

そもそもDeFiってなんだっけ?

DEX?CEX?どう違うの?

流動性?プール?ファーミング?よくわからない!

という方向けの記事です。

以前、こちらの記事で仮想通貨のまわりで出てくる用語をまとめました。

今回は、仮想通貨の“DeFi”にしぼって用語解説します。

DeFiをするときに出てくる用語で「これだけは知っておきたい!」というものをまとめました。関連用語をまとめて読むことで、体系的にDeFiの基礎知識がつけられると思います。

それではいってみましょう!

DeFiの用語

DeFi

DeFiとは、中央管理者のいない金融サービスの総称です。

仮想通貨を預けて金利を得るしくみ(レンディング、ステーキング)などが用意されています。年利数%〜数十%がもらえるところも多く、2021年に一気に注目されました。
また、仮想通貨を担保にして別の仮想通貨を借りることもできます。

このような金融サービスをひっくるめて「DeFi」と呼びます。
仮想通貨の世界では「銀行いらず」ですね。

DeFiは「Decentralized Finance(分散型金融)」の略です。

CeFi

DeFiとの対比で、中央管理者のいる金融サービスをCeFiといいます。
銀行などで行われてきた従来の金融のことですね。

CeFiは「Centralized Finance(中央集権型金融)」の略です。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で自動的に契約が行われるしくみ(プログラム)です。DeFiを動かす中心的なしくみです。
自動販売機のイメージが近いです。

たとえば、ある仮想通貨を買いたい人と売りたい人がいれば、自動的に結びつけて取引を成立させてくれます(相対取引)。仲介するお店の人はいません。

無人で自動なので、24時間365日動いています。
これも自動販売機と同じですね。

スマートコントラクトはイーサリアムチェーンで始めて導入されました。
現在はその他ほとんどのブロックチェーンで導入されています。

DEX

DEXとは、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを使って動いている仮想通貨取引所のことです。

ふつうの取引所と違って、中央管理者(お店の人)がいません。
DEXに集まってきた人たちが、スマートコントラクトで自動的に結び付けられて取引が成立します(相対取引)。

DEXは「Decentralized Exchange(分散型取引所)」の略です。
代表的なDEXには、UniswapPancakeSwapなどがあります。

CEX

DEXとの対比で、中央管理者のいる一般的な取引所を「CEX」と呼ぶことがあります。
「Centralized Exchange(中央集権型取引所)」の略です。

コインチェック、GMOコイン、ビットフライヤー、Binance、Bybitなど、「取引所」というと基本的にはCEXのことです。

ウォレット(Wallet)

ウォレットとは、仮想通貨やNFTを入れておく財布のことです。

DEXやNFTマーケットプレイスなど、取引所(CEX)以外のサービスを利用するときにはウォレットを使います。

ブロックチェーン上のサービスの大半は、会員登録や口座開設などをしなくても、ウォレットを接続するだけでサービスが利用できます。

ウォレットはたくさんの種類がありますが、「メタマスク」が有名です。
その他、各ブロックチェーンごとにウォレットを使い分けます。

秘密鍵(Secret Phrase)

秘密鍵とは、ウォレットを復元するときに必要なパスワードのことです。
暗証番号のようなものですね。
複数のランダムな英単語が秘密鍵になっていることが多いです。

「ニーモニック」、「シークレットフレーズ」、「シークレットリカバリーフレーズ」、「シークレットパスフレーズ」などと呼ばれることもあります。

秘密鍵を人に知られてしまうと、別のPCからウォレットを復元できてしまうので、仮想通貨などが盗まれます。
秘密鍵をなくすと、最悪の場合はウォレットを使用できなくなってしまいます。

ウォレットを作成したら、秘密鍵は大切に保管しておきましょう。

メタマスク(Metamask)

メタマスクは、世界でもっとも利用されているウォレットです。
Google Chromeなどのブラウザの拡張機能として利用できます。
キツネのマークが目印です。

出典:Metamask

イーサリアムチェーン(ETH)用に開発されましたが、バイナンススマートチェーン(BSC)やポリゴンチェーン(MATIC)、アバランチチェーン(AVAX)など様々なネットワークを追加することができます。

利用するサービスのブロックチェーンに合わせて、ネットワークを使い分けます。

トランザクション

トランザクションとは、ブロックチェーン上に残る取引履歴のことです。
たとえば、

「ウォレットAの1ビットコインを11イーサリアムと交換」

「ウォレットBからウォレットCへ3ビットコインを送金」

といった内容1つ1つがトランザクションです。

取引するたびにトランザクションが生成され、複数のトランザクションが1つのブロックにまとめられます。
ブロックが承認されると、まとめられたトランザクションが処理され、ブロックチェーンの1番後ろにつながれます。
こうしてトランザクションは、ブロックチェーン上に永遠に残ります。

また、トランザクションは誰でも確認することができます(英数字の羅列です)。

出典:BSC Scan

スワップ(Swap)

スワップとは、ある仮想通貨を別の仮想通貨へ交換することです。
CEXでもDEXでもできます。

DEXでは、UniswapPancakeSwapなどが有名です。

流動性(Liquidity)

流動性とは、「ある仮想通貨がどれだけ出回っているか」という度合いです。
仮想通貨が「流れて動く」ために必要になります。

流動性が低いと、ある仮想通貨を売買しようと思っても、出回っていないのですぐに取引できません。
また、流動性が低いと、少しの取引で大きく価格が動いてしまいます。

このように、流動性はスムーズに取引するための重要な要素です。

プール(Pool)

プールとは、仮想通貨のペアが入っている”たまり”のことです。
そのまま学校などのプールや池などをイメージしてもらえればいいです。

DeFiの世界では、基本的に「流動性プール」のことを指します。

出典:Uniswap

たとえば、DEXでイーサリアム(ETH)をテザー(USDT)に交換しようとしたとき、「ETH/USDT」ペアのプールが必要になります。

DEXのプールの中にお金がないと、取引できなくなります。流動性が低い状態ですね。
そのため、事前にプールの中に一定のお金を預けておいてもらう必要があります。

ファーミングや流動性マイニングのおかげで、プールにお金が預けられます。
プールにお金を預けることを、「流動性を提供する」といいます。

ファーミング(Farming)

ファーミングとは、プールに流動性を提供して報酬(利回り)をもらうことです。
「イールドファーミング」とも呼ばれます。

仮想通貨のペアを半々の価額で提供します。
(プールの説明を参照)

👇の流動性マイニングと似ているので、一緒にされることが多いです。

流動性マイニング

流動性マイニングとは、ファーミングでもらえる利回りに加えて、追加で仮想通貨(ガバナンストークン)がもらえることです。

流動性を提供することで、ファーミング+流動性マイニングの報酬がダブルでもらえるので、投資家たちが仮想通貨を預けたくなります。
このおかげで、流動性が確保されるんですね。

ファーミングと流動性マイニングをあわせて、年間の利回りは「APR(単利)」や「APY(複利)」などと表現されます。
仮想通貨にもよりますが、年利数%〜数十%を超えるものも多いです。

出典:PancakeSwap

利回りが高いということは、それだけリスクも高いということです。
流動性を提供するときは、しっかりその仮想通貨を調べてからにしましょう。

ステーキング(Staking)

ステーキングとは、仮想通貨を預け入れることです。

ステーキングすることで、報酬(利回り)がもらえます。
ステーキングする仮想通貨にもよりますが、年利数%〜数十%を超えるものも多いです。

ファーミングに限らず、一般的に仮想通貨を預け入れておくこと全般をいいます。
最近はローンチパッドなどでもステーキングで報酬がもらえます。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)のステーキングは、仮想通貨を預け入れることでブロックチェーンネットワークの維持に貢献することを意味しますが、一般的には「預け入れること」全般をステーキングと呼ぶようです。

レンディング(Lending)

レンディングとは、仮想通貨を貸し出すことです。
貸し出すことで、利回りを得ることができます。

さらに、レンディングしている仮想通貨を担保にして、別の仮想通貨を借りることもできます。借りた仮想通貨をファーミングなど別で運用することもできます。

CompoundAAVEAnchorなどのレンディングプロトコルが有名です。

プラットフォーム

プラットフォームとは、土台となる場所・環境のことです。
「〜の場所」という大まかな理解で大丈夫です。

たとえば「DeFiプラットフォーム」は、「DeFiができる場所」という意味です。

プロトコル

プロトコルとは、「規格」や「手順」のことです。
プラットフォームと同じく、「〜の場所」という大まかな理解で大丈夫です。

たとえば「レンディングプロトコル」は、「レンディングできる場所」という意味です。

TVL

TVLとは、「Total Value Locked」の略で、DeFiにロックされている仮想通貨の合計額です。「そこに預けられているお金がどれくらいあるか」がわかるので、人気度がおおまかにわかります。

Defi Llamaなどのサイトで確認することができます。
ブロックチェーンごとのTVLも見られるので、どのチェーンがアツいかもひと目でわかります。DeFiプロトコルのTVLランキングも見られるので、人気のDeFiプロトコルがわかります。

ラグプル・ラグる

ラグプルとは、プロジェクトに集まった仮想通貨を持ち逃げする詐欺のことです。
偽のプロジェクトで宣伝して、お金が集まったら逃げる。最悪ですね。
英語の「Rug Pull(じゅうたんを引く)」からきています。

できて間もないDEXなどにお金を預ける場合は、ラグプルに注意しましょう。
開発者が信頼できるかリサーチすることは大切です。

Twitterなどでは「ラグる」「ラグられた」などと略して使われることもあります。

まとめ

以上、DeFiの用語についてまとめました。

この前提知識があれば、DeFiで何をしているのかある程度イメージできると思います。
新しい用語が出てきても、調べれば意味がわかると思います。

とはいえ、DeFiはむずかしい分野です。
全部一気にはわからないので、さわりながら慣れていきましょう!

それでは!ウォッチャーでした。

ABOUT ME
ウォッチャー
個人投資家。仮想通貨投資で生きてます。資産の90%をICP、BTC、ETHで保有。10%をGameFi、メタバースへ分散。長期目線。ファンダ重視。ゲーマー。クリプトの面白さを広めたい!