用語集

【初心者向け】仮想通貨の用語まとめ!これだけは知っておくべき単語集

暗号資産?クリプト?トークン?コイン?なにが違うの?」

「ブロックチェーン、ガス代、マイニング、、、なんのこと?」

「NFT、DeFi、DEX、DAO、、、英語多すぎ!」

仮想通貨の世界は難しい用語がたくさん出てきますよね。
TwitterなどのSNSでは、みんな当然のように専門用語を使います。
略して話す人もいます。

はじめて仮想通貨に触れると、「うわ、また知らない言葉出てきた・・・」の繰り返しです。
とはいえ、1つ1つ調べるのも面倒だと思います。

そんな方向けに、「これだけは知っておくべき!」という用語をまとめました。
初心者向けにわかりやすく、コンパクトに紹介していきます!

仮想通貨の用語まとめ

暗号資産

暗号資産とは、仮想通貨のことです。
2020年5月1日に日本では「暗号資産」が正式名称とされました。
しかし、「仮想通貨」と使われることの方がまだ一般的です。
(このブログでも「仮想通貨」で統一しています。)

クリプト

クリプトとは、仮想通貨のことです。
英語で仮想通貨は「Cryptocurrency(クリプトカレンシー)」なので、略して「クリプト」です。「Crypto」単体では「暗号」という意味です。

個別の仮想通貨よりも、広く仮想通貨などブロックチェーンの業界全般を指して使うことが多いです。

トークン

トークンとは、仮想通貨のことです。
日本ではあまり使われない呼び方ですが、海外ではよく使われます。

DeFi、DEX、DAOなどと一緒に使われることが多いです(後述)。

NFT(Non-fungible token)なども含めて「取引価値のあるもの」といった意味で使われることもあります。

コイン

コインとは、仮想通貨のことです。

イーサリアム、リップルなど、名前に「コイン」と付かない仮想通貨にも使います。

仮想通貨の呼び方は色々ありますが、大きな違いはありません。
感覚で使い分けている人が多いです。

取引所

取引所とは、仮想通貨の取引を行う場所です。

国内取引所と海外取引所があります。
国内取引所は日本円を入金して、仮想通貨を売買できます。
海外取引所は日本円が入金できないので、国内取引所で買った仮想通貨を送金して使うことが多いです。

それぞれの取引所では、取り扱っている仮想通貨の銘柄数や取引手数料などに差があります。価格は基本的にどこでもほぼ同じです。

国内取引所はコインチェック、GMOコイン、ビットフライヤーなどが有名です。
海外取引所はBinance、Bybit、FTXなどが有名です。

KYC

KYCとは、本人確認のことです。
「Know Your Customer」の略です。

KYCは、取引所などを利用するときに求められます。
仮想通貨はマネーロンダリングなどの不正な目的で利用される可能性があるので、ちゃんと身元をハッキリさせるためにKYCが求められます。

運転免許証やパスポートなどの本人確認書類で行うことができます。

アルトコイン

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨を全部ひっくるめた呼び方です。
「Alternative Coin(代替のコイン)」の略です。

発音の違いで「オルトコイン」と言う人もたまにいます。

草コイン

草コインとは、アルトコインのうち、まだほとんど価値のない(時価総額が低い)仮想通貨のことです。
知名度が低いので、情報もあまり出回っていません。

将来性のあるものを見つけて投資しておけば、急激に値上がりしたときに大きな利益を得ることができます。数十倍以上になることもあります。

逆に価値がゼロになることもあります。
ハイリスク・ハイリターンですね。

魔界

魔界とは、仮想通貨投資で非常にハイリスク・ハイリターンな分野のことです。

草コインのうち特に知名度の低い仮想通貨を買ったり、それらを運用して異常に高い利回りを狙ったりします。
数百倍や数千倍、数万倍などの一攫千金をねらった猛者たちが集まります。

魔界に飛び込んで帰ってこなかった人は数知れず(*´∀`)南無

NFT

NFTとは、“1点もの”の価値をつけたデジタルデータのことです。
ブロックチェーンによって可能になったしくみです。

写真やイラスト、ゲームのアイテムなどのデータ1つ1つに、鑑定書・所有証明書を付けられるイメージです。

NFTは「Non-Fungible Token」の略で、直訳すると「非代替性トークン」です。
「替えがきかない」という意味ですね。

よくある誤解ですが、NFTは仮想通貨ではありません。
仮想通貨は替えがきくので「Fungible Token」ですね。

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、仮想通貨やNFTの土台になっている技術です。インフラのようなものですね。
トランザクションという取引データをブロック(箱)につめてチェーン状につないでいくしくみになっています。

ブロックチェーン上のデータは改ざんができず、信頼性が保たれています。
また、全ての履歴が永遠に残ります。ウソはつけないです。

ブロックチェーンにはたくさんの種類があります。
(イーサリアムチェーン、バイナンススマートチェーン、ポリゴンチェーンなど)

仮想通貨やNFTは、それぞれのブロックチェーン上に乗っかって保存・取引されているイメージです。

ガス代

ガス代とは、ブロックチェーン上で取引などの操作をするときにかかる”手数料”のことです。

“手数料”といっても、取引所に払うような手間賃ではなく、ブロックチェーンを動かすために使われるコストのことです。

ガス代はブロックチェーンごとに違います。
たとえば、イーサリアムチェーンではガス代の高さが問題になっています。
(1回の取引で数千円かかったり…)

ソラナ(SOL)やアバランチ(AVAX)など、ガス代の安さをウリにしているブロックチェーンもあります。

マイニング

マイニングとは、ブロックチェーンのネットワークに貢献することで仮想通貨をもらうことです。英語の「Mining(採掘)」からきています。

PoWというしくみで主に使われる言葉です。
たとえばビットコインのマイニングでは、ブロックチェーンの維持に必要な計算をして答えを見つけた人がビットコインをもらえるしくみになってます。

ちなみに、マイニングする人のことを「マイナー」と言います。

ハードフォーク

ハードフォークとは、ブロックチェーンの分岐によって新たな仮想通貨ができることです。
アップデートで仕様が変更され、従来のものと互換性がなくなったときに起きます。

たとえばビットコイン(BTC)からビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコインゴールド(BTG)などが分岐しました。最近ではネム(XEM)からシンボル(XYM)が分岐しました。

バーン

バーンとは、仮想通貨を意図的に消滅させることです。
英語の「Burn(燃やす)」からきています。
仮想通貨の発行主体・プロジェクトの運営者が買い集めてバーンする場合や、アルゴリズムで自動的にバーンされる場合があります。

バーンすることで、仮想通貨の流通量を減らすことができます。
流通量を減らすことで、価格を保ったり、上げたりできます。

枚数が増えすぎた仮想通貨は積極的にバーンされます。
全体の枚数が減れば、1枚あたりの価値が高まるというわけです。

セルフゴックス

セルフゴックスとは、仮想通貨を意図せず消失させてしまうことです。ミスのことです。
仮想通貨の利用者が送金する際に、誤ったアドレスに送ってしまった場合に起こります。
通常は取り戻すことができないので、送金は慎重に行いましょう。

「ゴックス(GOX)」は、マウントゴックス社がハッキングされて仮想通貨が消失した事件からきています。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で自動的に契約が行われるしくみ(プログラム)です。自動販売機のイメージです。

たとえば、ある仮想通貨を買いたい人と売りたい人がいれば、自動的に結びつけて取引を成立させてくれます(相対取引)。仲介するお店の人はいません。

無人で自動なので、24時間365日動いています。
これも自動販売機と同じですね。

スマートコントラクトはイーサリアムチェーンで始めて導入されました。
現在はその他ほとんどのブロックチェーンで導入されています。

イメージは自動販売機ですが、DAppsやDAOなど、仮想通貨の取引以外にも応用されています(後述)。

DEX

DEXとは、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを使って動いている仮想通貨取引所のことです。

ふつうの取引所と違って、中央管理者(お店の人)がいません。
DEXに集まってきた人たちが、スマートコントラクトで自動的に結び付けられて取引が成立します(相対取引)。

DEXは「Decentralized Exchange(分散型取引所)」の略です。
代表的なDEXには、UniswapPancakeSwapなどがあります。

DEXとの対比で、中央管理者のいる一般的な取引所を「CEX」と呼ぶことがあります。
「Centralized Exchange(中央集権型取引所)」の略です。

DeFi

DeFiとは、中央管理者のいない金融サービスの総称です。

仮想通貨を預けて金利を得るしくみ(レンディング、ステーキング)などがあります。年利数%〜数十%がもらえるところも多く、2021年に一気に注目されました。
また、仮想通貨を担保にして別の仮想通貨を借りることもできます。

このような金融サービスをひっくるめて「DeFi」と呼びます。
ふつう、DeFiはDEXでします。仮想通貨の世界では「銀行いらず」ですね。

DeFiは「Decentralized Finance(分散型金融)」の略です。

DApps

DAppsとは、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを使って動いているアプリケーションのことです。
中央管理者がいないので、勝手に利用を制限したりできないしくみになっています。
急にBAN(追放)されたりとかもないです。

たとえば、Twitter、TikTok、YouTubeなどに似たブロックチェーン版のSNSアプリも既にあります。
イーサリアムチェーン上では既に約3,000のDAppsが動いています(2021年12月時点)。

DAppsは「Decentralized Applications(分散型アプリケーション)」の略です。

DAO

DAOとは、ブロックチェーン上スマートコントラクトを使って運営される組織のことです。
会社のようなものですが、DAOには中央管理者がいません。

代わりに運営方針は投票で決めます。民主的ですね。
「ガバナンストークン」という投票権を配り、スマートコントラクトを通してみんなに投票してもらいます。自動で集計されて、投票結果が自動で実行されます。

ちなみにガバナンストークンにも価格があり、仮想通貨の一種になっています。
投票に参加したいDAOのトークンを買えば、だれでも投票に参加できます。

DAOは「Decentralized Autonomous Organization(分散自立型組織)」の略です。

まとめ

以上、仮想通貨で知っておくべき用語をまとめました。

できるだけ知識ゼロでもわかるようにまとめました。
仮想通貨が社会に浸透してくると、自然と耳にする単語ばかりだと思います。

とはいえ、言葉だけではわからないことも多いですよね。
「やりながら覚える」で大丈夫だと思います(*´∀`)

少しずつ覚えていきましょう!

それでは!ウォッチャーでした。

ABOUT ME
ウォッチャー
個人投資家。仮想通貨投資で生きてます。資産の90%をICP、BTC、ETHで保有。10%をGameFi、メタバースへ分散。長期目線。ファンダ重視。ゲーマー。クリプトの面白さを広めたい!