投資のコツ

【重要】仮想通貨投資で生き残るために知っておくべき3つのこと

「仮想通貨で負けてばかり・・・」

「どうやったら儲けられるの?」

「だれの言うことなら信じていいの?」

という方向けの記事です。

今回はシビアな話になりますが、投資の本質を理解するには必須の内容だと思われます。
私も過去に損をしながら学んだ内容なので、ぜひ心穏やかに読んでいただければと思います。

仮想通貨投資で生き残るために

仮想通貨投資で生き残るために知っておくべき重要なことは、以下の3つです。

  1. 投資とは転売である
  2. 参加者全員が儲かることはない
  3. リサーチなしの投資はギャンブルである

「わかってるよ」と思った方も、そうでない方もいると思います。
どなたもぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

以下で順番に解説していきます。

今回は議論をシンプルにするため、現物取引のみの前提で話を進めます。
投資する商品が変わっても、本質は変わりません。

投資とは転売である

投資とは、転売です。

安く買って高く売ることで、利益を得ることができます。
利益を上げるためには、安く買うことが非常に大事になります。
高く買った(高掴みした)時点で、利益を出すハードルが上がります。

「当たり前じゃん」と思うかも知れませんが、以下で非常に重要な前提になります。

参加者全員が儲かることはない

あるタイミングで切り取った場合、市場に参加している全員が儲かることはありません。
儲かる人がいれば、必ず誰かが損をしています。
あなたが損をしたとき、あなたのお金は誰かの財布に移動しています。

投資は、お金の奪い合いです。
チャートの値動きと戦っているのではありません。
参加者同士で有限のお金を奪い合っているのです。

1日で儲けたい場合

たとえば、1日の間だけで儲けようとした場合を考えます。
この場合、同じ1日の間に市場に参加している人同士でお金を奪い合っている状態になります。通常は「トレーダー」と呼ばる人たちです。

1日の間に儲けるには、世界中のプロのトレーダーとお金を奪い合うことになります。
相場を意図的に動かせるクジラ(大口投資家)もいるかもしれません。
あなたは「どこが安いか」を的確に判断して買わなければなりません。
プロやクジラを出し抜いて「高く買わせ」、無事にお金を持ち帰る必要があります。

実際、これは非常に困難です。
経験、知識、情報、資金力など、あらゆる面で一般的な投資家は不利です。
運良く1回勝てても、繰り返し勝てる人はほんの一握りです。

1年で儲けたい場合

では期間を延ばして、1年間で儲けようとした場合はどうなるでしょうか?
1年の間に市場に参加してくる人もいれば、退場していく人もたくさんいます。
仮想通貨はとくにボラティリティが高いので、暴落する局面もあるかもしれません。

しかし、1年間で見た場合、あなたがだれかに「高く買わせる」タイミングが来る可能性が、1日の間で見た場合よりも高まります。

なぜなら、仮想通貨市場の外からお金が入ってくることにより、パイが大きくなるタイミングが出てくるからです。短期でプロやクジラと戦うより、市場全体が膨らむタイミングで波に乗る方が利益を出しやすくなります。

長期投資で勝率が上がる主な理由は、ここにあります。

リサーチなしの投資はギャンブルである

リサーチなしの投資は、ギャンブルと同じです。
みなさんは、何を基準に投資する銘柄を決めていますか?

「だれかが言ってたから買った」は、かなり危険です。思考停止です。
損してだれかのせいにする他責思考は、前提から完全に間違っています。

これは、特にアルトコインについて言えることです。

ビットコインをドルコスト平均法で投資している場合などは、あまり考えなくても利益が出てしまうかもしれません。

アルトコイン投資

たとえば、数倍以上のリターンを狙って、時価総額がまだ低いアルトコインを買う場合を考えてみます。

あるインフルエンサーが、「次はこれが来る!」と言っているとします。
それらしい数字やグラフが並んだデータをもとに主張され、たくさん拡散もされています。
相場を見てみると、たしかに右肩上がりに価格が上がってきています。

あなたはそれを見て、「なるほど、買ってみるか」と思いますか?
思う場合は危険です。

自分でリサーチする必要があります。
少なくともプロジェクトの概要、競合優位性、開発チーム、開発ロードマップ、トークノミクス、資産規模、出資しているVC、コミュニティの規模などを調べます。プロジェクトの評価を見るときは、なるべく複数の人の意見を参考にします。
そのうえで、自分で考えて納得する必要があります。

なぜリサーチする必要があるんでしょうか?

それは、長期で計画的に戦うためです。

お金の流れ

あなたが買うということは、そのコインを売った人がいます。
売った人は、あなたより前にそのコインを持っていた人です。
あなたはその人から転売され、あなたのお金はその人へ流れます。

この時点で、その人の利益は確定しました。
あなたが利益を出すためには、買った価格よりも高くだれかに転売する必要があります。

実際、インフルエンサーは情報感度が高い人が多く、初期の段階からコインに投資していることが多いです。その後でその銘柄の知名度を高め、価格が上がったところで利益を確定して、原資を回収します。「先行者利益」と呼ばれるものです。

「卑怯だ!詐欺だ!」と思うかもしれません。
しかし、その人が意図しているかどうかに関わらず、これは事実として起きます。
それが投資です。

インフルエンサーは善意で有益な情報を提供している方もたくさんいます。しかし、構造的に上記のようになる傾向があると理解していただきたいです。

あなたより後にたくさんの人が入ってくれば、価格は上がり、あなたは儲かります。
あまり入ってこなければ、価格は下がっていき、あなたは損します。

では、あなたはどのように戦略を立てて立ち回るでしょうか?

暴落と損切り

たとえば、買ったコインが暴落した場合を考えてみます。

コインを売る人もたくさんいると思います。
しかし、焦って売るのか、冷静に損切りをするのかでは大きな差があります。

事前にリサーチせずに買った銘柄は、「あれ…あの人が言ってたのに下がってる。大丈夫なの!?」と焦ります。“よくわからない”ので、冷静に自分で判断できません。
焦って売ってしまうことも増えると思われます。

一方で事前にリサーチした場合、「この銘柄はここまではリスク許容できる。それ以上落ちたら損切りしよう」と自分であらかじめ決めておくことができ、冷静に判断ができます。

コインを売らない場合も同じです。
数年間の長期で見る銘柄だと確信して買っているのであれば、たとえ短期的に暴落しても「また上がってくる」と落ち着いて待っていられます。
もしそのプロジェクトに不審な点が見つかれば、早めに売り抜けるだけです。

上がる場合だけを考えてよくわからない銘柄に投資するのは、ギャンブルと同じです。
事前にリサーチして納得したうえで投資することの重要性がわかっていただけたでしょうか?

まとめ

以上、仮想通貨投資で生き残るために知っておくべきことを解説しました。

  1. 投資とは転売である
  2. 参加者全員が儲かることはない
  3. リサーチなしの投資はギャンブルである

「投資は自己責任」と言われる理由がわかっていただけたかと思います。

お金は資産管理の甘い人から、そうでない人へ流れていきます。
ギャンブルをやめて、お金の流出をとめましょう。
そして長期で生き残りましょう。

この記事がお役に立てば幸いです。
よければTwitterでシェアしてくださいね!
それでは!ウォッチャーでした。

ABOUT ME
ウォッチャー
個人投資家。仮想通貨投資で生きてます。資産の90%をICP、BTC、ETHで保有。10%をGameFi、メタバースへ分散。長期目線。ファンダ重視。ゲーマー。クリプトの面白さを広めたい!