投資のコツ

仮想通貨のリサーチ方法|どこで情報を調べるの?【投資家が解説】

「仮想通貨の情報ってどこで調べるの?」

「みんなどうやってリサーチしてるの?」

「情報に強くなって稼ぎたい!」

という方向けの記事です。

仮想通貨は、1日単位で状況がガラっと変わることがあります。
常に自分でリサーチして、情報を追いかけていくことが必要です。

でも仮想通貨の情報って、みんなどうやって調べているか気になりますよね。
最先端の情報は、英語のサイトでしか出ていないことも多いです。

この記事を読むことで、以下の基本的な仮想通貨のリサーチ方法がわかります。

  1. 基本情報
  2. ニュース
  3. 相場
  4. 取引所
  5. トレンド

今回は、なるべく日本語でも情報収集ができるような方法もご紹介します!

仮想通貨の基本的な用語などはこちらにまとめています。

仮想通貨のリサーチ方法

まず大前提です。

とりあえず日本語で検索しましょう。
YouTubeで基本操作の解説動画などを見るのもアリです。

ですが、仮想通貨は基本的に海外の情報の方が圧倒的に多くて正確です。
日本語で検索して出てくる情報は、古かったり誤ったりしていることも多いので注意が必要です(更新日付は要チェック)。

どうしても英語に触れる機会が多くなってくると思います。
以下2つの翻訳ツールをうまく使うことで、なるべく日本語でもリサーチすることができます。

  1. Google Chromeの翻訳機能
  2. DeepL

Google Chromeに搭載されている翻訳機能を使えば、英語サイトを自動で翻訳してくれます。
また、DeepLという翻訳サイトではAIが高性能な翻訳をしてくれます。

この2つを組み合わせて、英語で検索することも可能です。
DeepLで、調べたい内容を日本語→英語に翻訳して検索します。
検索して出てきた内容はGoogle Chromeの翻訳機能でそのまま読むか、DeepLにコピペして翻訳しましょう。

以下では、実際にそれぞれの情報が見られるサイトやSNSを紹介します。

基本情報

公式サイト

仮想通貨の基本情報は、まず公式サイトを見ましょう。
プロジェクトの概要やイメージがつかめます。
開発メンバー、ロードマップ、トークン設計などもわかります。

公式サイトへは、プロジェクトの名前を英語で検索したり、SNSなどのリンクからアクセスできます。たまに偽サイトもあるので、リンクからいくのが無難ですかね。

ホワイトペーパーやライトペーパーも、プロジェクトの概要やロードマップ、トークノミクスなどが全体的にわかるのでオススメです。ただしすべて英語です。

公式SNS

仮想通貨の最新情報は、公式SNSでアナウンスされることがほとんどです。
仮想通貨では、以下の3つが主に使われるSNSです。

  1. Twitter
  2. Discord
  3. Telegram

気になるプロジェクトはしっかりフォローしておきましょう!

Medium

公式SNSの他に、Mediumというサイトで公式ブログを読むことができます。

SNSよりも長文で、最新の開発状況やトークンセールの情報などが発信されるので、かなり濃い情報をゲットすることができます。

こちらもフォロー機能があるので、気になるプロジェクトはフォローしておきましょう。

ニュース

仮想通貨のニュースは、まずは以下の3つをおさえておけば大丈夫だと思います。

どれも日本語に対応しているので、毎日見るのに負担にならないと思います。
さらにくわしく仮想通貨の情報を知りたい人は、英語ですが以下のようなメディアもおすすめです。

相場

仮想通貨の相場については、CoinMarketCapがおすすめです。

日本語に対応しており、日本円での価格も見ることができます。
お気に入りの仮想通貨をリスト化することもできます(ウォッチリスト)。
「DeFi」「メタバース」など、ジャンルごとに銘柄をみることもできます。

CoinMarketCapはスマホアプリもあります。
一定の価格になるとアラートで教えてくれる機能などもあって便利です。

CoinMarketCap以外では、CoinGeckoというサイトも人気です。

取引所

仮想通貨がどこの取引所で買えるのかも、CoinMarketCapで確認できます。

出典:CoinMarketCap
出典:CoinMarketCap

それぞれの仮想通貨のページを開き、「市場」タブを選択すると見ることができます。
取引高が高い順に、一覧でズラーっと表示されます。
CEXだけでなく、DEXも表示してくれるので便利です。

なるべく取引高や流動性が高いところで取引するのがおすすめです。
あまり利用者が少ないと、一気に価格が動く可能性があります。

トレンド

仮想通貨のトレンドを追いかける場合、まずはTwitterの日本人インフルエンサーをフォローして情報を受け取りましょう。

フォロワー数の多い方は、基本的に情報感度が高いです。
あくまで一例ですが、以下の方々はフォロー推奨です。
(いつもお世話になってます。感謝です!)

慣れてきたら、インフルエンサーさんたちが注目(フォローやリツイート)している外国人インフルエンサーを追いかけましょう。

また、Redditという海外掲示板サイトで情報を集めるのもオススメです。
海外版5ちゃんねる(2ちゃんねる)みたいな感じですね。
公式な見解というより、利用者の口コミや議論などを見ることができます。

もっと知りたい人は?

ここでは、「さらに情報を集めたい!」という方向けにいくつかご紹介します。

市場・オンチェーンデータ

市場データやオンチェーンデータは、仮想通貨の価格を予測するうえで重要な情報になってきます。CoinglassGlassnodeなどで見ることができます。

たとえば、取引所から出ていくビットコインが多くなると、価格が上がりやすく(下がりにくく)なります。「ビットコインを売る気がない」という意思が間接的にわかるからです。

実際は、たくさんの指標を組み合わせて価格の予測をします。
トレードに興味がある人は調べてみてください!

Twitterアラート

Twitterでは、仮想通貨にとって重要なデータを随時発信してくれているアカウントがあります。
たとえば、クジラの動きがわかるWhale Alert(@whale_alert)や、ビットコインのデータがわかるBTC情報アラート(@btc_status)などが有名です。

DeFi情報

Defi Llamaというサイトでは、DeFiの情報が一気に見ることができます。
各チェーンごと、各プラットフォームごとのTVLがランキングでわかります。
TVLの推移もグラフでわかるので、どこのDeFiが伸びているのかわかります。

みんなが注目しているDeFiプロトコルがわかるので、ぜひ見てみてください!

また、DeFi Pulseというサイトもおすすめです。

株式・為替市場

仮想通貨市場は近年、株式・為替市場と連動するようになってきました。
株式・為替市場の情報も仕入れておくと、経済全体の中での仮想通貨の位置づけがわかります。

たとえば、以下のサイトで経済全般のニュースが見れます。

また、日経新聞の後藤達也さん(@goto_nikkei)も主要な経済ニュースをまとめてTwitterで発信しているのでおすすめです。

どうしてもわからない場合は?

どれだけ調べても情報が出てこない場合もあります。
そういう場合は、そもそも非公開の情報かもしれません。
仮想通貨はまだ出てきて間もない分野なので、情報が整備されていないことも多いです。

ですが、不安になって居ても立ってもいられない場合もあると思います。
そんな方向には、日本語のDiscordコミュニティをオススメします。
初心者向けの質問部屋を用意してくれているところもあるので、検索してみてください。
(質問者が増えるとコミュニティに負担がかかるので、ここで紹介するのは控えます。)

ただし、人に質問するのは最終手段です。
仮想通貨で最新情報を追いかけていく場合は、わからないことが無数に出てきます。
毎日何十回も検索するのが当たり前なので、何度も質問するのはやめましょう。

まとめ

以上、仮想通貨のリサーチ方法について解説してきました。
仮想通貨は情報の波が早すぎるので、乗り遅れないようにしたいですね。

とはいえ、専業で仮想通貨投資していない方はいっぱいいっぱいだと思います。
少しずつでいいので自分でリサーチしていきましょう〜。

DYOR!!

この記事がお役に立てば幸いです。
よければTwitterでシェアしてくださいね!
それでは!ウォッチャーでした。

👇リサーチがめんどうな方向け

ABOUT ME
ウォッチャー
個人投資家。仮想通貨投資で生きてます。資産の90%をICP、BTC、ETHで保有。10%をGameFi、メタバースへ分散。長期目線。ファンダ重視。ゲーマー。クリプトの面白さを広めたい!