NFT

仮想通貨とNFTの違いは?共通点もあわせて解説!【説明できる?】

「仮想通貨とNFTってどう違うの?」

「呼び方が違うだけじゃない?」

「画像とか写真がNFTでしょ?」

という方向けの記事です。

仮想通貨とNFTについて、なんとなく感覚的に違いがわかっているという方も多いと思います。
でも実際、「どこがどう違うの?」と聞かれると、回答に困ってしまうかも知れません。

仮想通貨とNFTの違いを理解すると、両方のことがより理解できるようになります。
今回は、わかりやすく仮想通貨とNFTの違いについて解説していきます。

「そもそもNFTってなに?」という方は、先にこちらの記事をご覧ください👇

仮想通貨とNFTの違い

まず大前提ですが、NFTは仮想通貨ではありません。

仮想通貨とNFTの大きな違いは以下の2点です。

  1. 替えがきくかどうか
  2. プログラマビリティ

順番に解説していきます。

替えがきくかどうか

NFTは、替えがききません。
「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」というだけあります。

たとえば、私のアイコンに使っている画像は「Motoko」というNFTですが、これらは1つ1つが識別でき、固有の価値を持っています。ブロックチェーン上の1つの記録に対して1つのNFTが対応しており、別のものと取り替えると成立しません。

ある日突然、画像が別のものになってたら困りますよね。

出典:Entrepot

一方で、仮想通貨は替えがききます。

たとえば、手元にビットコインが1BTCあるとします。
この1BTCをレンディング(貸付)プロトコルなどに預けて、しばらくしてから取り出す場合を考えてみましょう。
このとき、返ってきたビットコインを見て「この1BTCは預けたのと違う!俺のビットコインを返せ!」という人はいないと思います。
ブロックチェーンの記録をたどれば預けたとおりの1BTCは見つかるかもしれませんが、そんなことを気にする人はいません。なんであれ1BTCは1BTCです。

ある日突然、自分の1BTCが別の1BTCになっていても気づきません。
数字が変わっていなければ問題ナシです。

このように、仮想通貨は別のものと取り替えても成立します。
無理やり英語にするなら、仮想通貨は「Fungible Token(FT/代替性トークン)」ですね。

プログラマビリティ

NFTには、「プログラマビリティ」という特徴があります。
これは、「プログラムを付与することができる」という意味です。

どんなプログラムかというと、転売時にNFTクリエイター(最初の出品者)へマージンが入るしくみが主です。

世界最大規模のNFT市場であるOpenSeaでは、最大10%のマージンを設定することができます👇

出典:OpenSea

たとえば、あるクリエイターAさんがデジタルアートをNFTにして、1ETHの価格で出品し、転売時のマージンを10%に設定したとします。

このNFTアートを気に入ったBさんは、1ETHで購入しました。
しばらくすると、2ETHで買いたいというCさんが現れました。
Bさんはこれを受け入れ、Bさん→CさんへNFTが転売されました。

このとき、Bさんは2ETH満額もらうことはできず、一部がAさんへ入ります。
クリエイターAさんには転売価格のうち10%(0.2ETH)のマージンが入ります
転売されるたびにマージンが発生するので、Aさんは人気が出るほど儲かります。

仮想通貨では、このようなプログラマビリティは成立しません。

たとえば、1BTC=500万円のときに買って、1BTC=550万円のときに売った場合を考えます。50万円の利益ですね。

このとき、よくわからない人が現れて「それは私がマイニングした独自のビットコインだから10%(5万円)のマージンをいただきます」なんていうのはあり得ないですよね。

そもそも替えがきくので、「私独自のビットコイン」という概念は成立しません。
よって、プログラマビリティも成立しません。

仮想通貨とNFTの共通点

仮想通貨とNFTには共通点もあります。

主な共通点は以下のとおりです。

  1. ブロックチェーンを使用
  2. 取引できる
  3. 担保になる

順番に解説していきます。

ブロックチェーンを使用

仮想通貨もNFTも、ブロックチェーンの技術を使っています。

そのため、ブロックチェーンの「改ざん不可能」「ピアツーピア」「記録が永遠に残る」といった特徴は、仮想通貨もNFTも同じです。

取引できる

仮想通貨もNFTも、取引することができます。

仮想通貨は、主に取引所で取引されます。
国内外の取引所(CEX)や、分散型取引所(DEX)で売買することができます。

NFTは、主にOpenSeaなどのマーケットプレイスで取引されます。
最近では、Binance NFTや、Coincheck NFTなど、CEXでの取扱いも増えてきていますね。

担保になる

仮想通貨もNFTも、担保にすることができます。

Aaveなどのレンディングプロトコルでは、仮想通貨を担保にして、別の仮想通貨を借りることができます。

NFTfiなど、NFTを担保にして、仮想通貨を借りることができるサービスもあります。
2021年11月時点で、1作品で1億円以上の融資額を記録したものもあります(Coinpost)。
NFTは既に立派な資産ですね。

まとめ

以上、仮想通貨とNFTの違い・共通点について解説してきました。

「意外と知らなかった」「よゆーで知ってた」など、いろんな方がいると思います。
まだまだ発展していく分野ですが、おおもとの違いを理解していれば発展形も理解しやすいと思います。

この記事がお役に立てば幸いです。
よければTwitterでシェアしてくださいね!
それでは!ウォッチャーでした。

ABOUT ME
ウォッチャー
個人投資家。仮想通貨投資で生きてます。資産の90%をICP、BTC、ETHで保有。10%をGameFi、メタバースへ分散。長期目線。ファンダ重視。ゲーマー。クリプトの面白さを広めたい!