イーサリアム

仮想通貨イーサリアムとは?基本情報、将来性、買える取引所を解説!

仮想通貨の中でも、ビットコインの次に有名なイーサリアム。

「イーサリアムってどんな仮想通貨?」

という方向けに、今回はイーサリアムをわかりやすく解説します。
イーサリアムは今後も価格が上昇していくと考えられている仮想通貨の1つです。

この記事を読むことで、以下の3つがわかります。

  1. イーサリアムの基本情報
  2. イーサリアムの価格が上がる理由
  3. イーサリアムが買える取引所

ぜひ最後までご覧ください!

仮想通貨イーサリアムとは?

ここでは、仮想通貨イーサリアムの基本情報を解説していきます。

イーサリアムとは

イーサリアムは、ビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨です(2021年12月現在)。
単位は「ETH」という記号で表します。”1ETH”、”0.5ETH”など。

イーサリアムはイーサリアムチェーンというブロックチェーン上でやりとりされています。
2013年にヴィタリック(Vitalik Buterin)によって考案され、2014年から販売が始まりました。ヴィタリックは当時なんと19歳!若き天才です。

ビットコインは決済用に作られたものですが、イーサリアムは決済以外にも様々なものに使われます(後述)。

スマートコントラクト

イーサリアムにはスマートコントラクトという機能が備わっています。
スマートコントラクトとは「不正の起こらない自動決済システム」のことです。

カンタンにいうと自動販売機のようなものです。
事前にプログラムされた条件に沿って自動で取引が行われます。

スマートコントラクトのないビットコインなどは、契約が成立しても送金されなかったり、契約内容を変更されてしまったりと不正ができてしまいます。

しかし、スマートコントラクトのあるイーサリアムでは、決済時に不正は行われません。

このスマートコントラクトを応用したサービスが、2021年に話題になったDeFiやNFTです。DeFiやNFTにとって、イーサリアムはなくてはならない存在となっています。

DAppsで使われる通貨

イーサリアムはDAppsで使われます。

DAppsとは「分散型アプリ」という意味です。
中央管理者を必要としないブロックチェーン上のアプリです。
これも、スマートコントラクトを応用したものです。

イーサリアムチェーン上では、オークションプラットホームやゲームなど約3,000ものDAppsが稼働しています(2021年12月時点)。

イーサリアムの価格が上がる理由

イーサリアムは今後も価格が上がると言われています。

価格が上がる理由は主に5つあります。

  1. DeFiが注目されている
  2. NFTが注目されている
  3. イーサリアム企業連盟(EEA)
  4. デフレ資産になっている
  5. イーサリアム2.0への期待

それでは、詳しく解説していきます!

DeFiが注目されている

DeFiとは「分散型金融」という意味です。
カンタンにいうと、中央管理者のいない金融サービスです。
仮想通貨の貸し借りなどができます。

私たちがお金を預けている銀行は中央管理者が存在する金融機関ですね。
DeFiはユーザー同士がお互いに管理することで成り立っています。
ここでもスマートコントラクトが使われており、自動で取引がされています。

24時間365日利用できる便利さ、銀行よりも高い利息を得られるメリットなどから、DeFiは非常に注目されています。そして今後も広がっていくと考えられます。

主要なDeFiはイーサリアムチェーン上に作られており、仮想通貨イーサリアムを使います。
そのため、今後もイーサリアムの価格が上昇すると見込まれています。

NFTが注目されている

仮想通貨に興味がある方は、「NFT」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

NFTとは「非代替性トークン」という意味です。
カンタンにいうと、画像などのデジタルデータに唯一無二の価値を付与できるしくみです。

このNFTもイーサリアムの技術を使っているものが多いです。
NFTの取引で利用される主な通貨もイーサリアムです。

今後もNFTは注目されて取引量が多くなる可能性があります。
そのため、イーサリアムの価値も上がっていくと考えられています。

イーサリアム企業連合(EEA)

イーサリアムを活用したいと考えている企業が多数存在します。

しかし、イーサリアムは取引の詳細がすべてオープンなため、企業向けのサービスとは相性がよくありません。プライバシーが問題になります。

そこで、企業向けのイーサリアムを開発することを目的とした企業が集まって作られたのがイーサリアム企業連盟(EEA)です。

EEAは約500社もの企業が参加しており、日本企業はトヨタやKDDI、海外企業はマイクロソフトなどが参加しています。EEAの参加企業はEEA公式ホームページから確認できます。

イーサリアムが企業向けに使われるようになると、イーサリアムの需要がより増えると考えられます。

デフレ資産になっている

イーサリアムはデフレ資産になっています。
デフレ資産とは、流通している量が減っていっていく資産のことです。

「バーン(燃やす)」が活発に行われており、大量のイーサリアムが消えていっています。
イーサリアムは利用されればされるほどバーンされる仕組みになっています。

流通している枚数が減ると、1枚あたりの価格は上がりますよね。
これもイーサリアムの価格を押し上げる要因です。

イーサリアム2.0への期待

イーサリアムは、「イーサリアム2.0」という大型アップデートを控えています。

そもそもイーサリアムでは、スケーラビリティの問題があります。
カンタンにいうと、「コストが高い+動作が遅い」という問題です。

イーサリアム2.0では、ブロックチェーンを維持するしくみ(コンセンサスアルゴリズム)が新しいものになり、格段に性能がアップします。

2022年に完成する予定になっています。
このイーサリアム2.0への期待も、イーサリアムの価格が上がる大きな理由です。

イーサリアムが買える取引所

イーサリアムを取り扱っている取引所を一部紹介します。

コインチェック

取扱通貨 17種類
(BTC ETH ETC LSK FCT XRP XEM LTC BCH
MONA XLM QTUM BAT LOST ENJ OMG PLT)
取引手数料 取引所:無料
販売所:変動制
最低取引単位 約500円
レバレッジ取引 なし
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円〜
クイック入金:770円〜
出金手数料 407円
送金手数料 0.005ETH (通貨ごとに異なる)

出典:コインチェック

コインチェック

コインチェックは日本国内でとても人気な取引所です。

とくに取扱銘柄数No.1の取引所として有名で、2020年の国内暗号資産取引アプリのダウンロード数がNo.1となっています。

コインチェックアプリは、直感的に操作が可能で、仮想通貨を初めて取引する人にとってもカンタンな仕様となっています。

GMOコイン

取扱通貨

現物:14種類
(BTC ETH BCH LTC XRP XEM XLM BAT
OMG XTZ QTUM ENJ DOT ATOM)

レバレッジ:10種類
(BTC ETH BCH XRP XEM XLM BAT XTZ LTC OMG)

取引手数料 販売所:無料
取引所:Maker -0.01,Taker 0.05%
レバレッジ手数料:建玉ごとに0.04% / 日
BitMatch取引:通貨ごとに異なる
最低取引単位 販売所:0.001ETH
取引所:0.01ETH
(通貨ごとに異なる)
レバレッジ取引 2倍
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料 無料

出典:GMOコイン

GMOコイン

GMOコインは入出金手数料や送金手数料がかかりません。

海外送金に強いため、仮想通貨の取引以外にもDeFiやNFTに興味がある方にオススメです。
また、GMOコインは自己資本以上の取引ができるレバレッジ取引ができます。

レバレッジ取引をうまく利用することで、効率良く資金を増やすことが可能です。
(その分リスクも高いので注意が必要です。)

DMM Bitcoin

取扱通貨 現物:6種類
(BTC ETH XRP BCH LTC XLM)

レバレッジ:14種類
(BTC ETH XRP LTC BCH XLM ETC XTZ
OMG ENJ XEM QTUM BAT MONA)
取引手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
BitMatch取引:通貨ごとに異なる
最低取引単位 0.001ETH (通貨ごとに異なる)
レバレッジ取引 2倍
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金:無料
出金手数料 無料
送金手数料 無料

出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinも入出金手数料や送金手数料がかかりません。

また、DMM BitcoinはGMOコインよりもレバレッジ取引ができる通貨数が多いのが特徴です。
レバレッジ取引をメインに行いたいという方にオススメです。

まとめ

今回の記事では、仮想通貨イーサリアムについてまとめました。

イーサリアムはかなり将来性のある仮想通貨だと思われます。

DeFiやNFTが注目されればされるほど、イーサリアムの価値は上がります。
また、「イーサリアム2.0」という大型アップデートも控えています。

興味がある方は、今のうちにイーサリアムの購入を考えてみてはいかがでしょうか?

それでは!ウォッチャーでした。

ABOUT ME
ウォッチャー
個人投資家。仮想通貨投資で生きてます。資産の90%をICP、BTC、ETHで保有。10%をGameFi、メタバースへ分散。長期目線。ファンダ重視。ゲーマー。クリプトの面白さを広めたい!