NFT

【注目】BTC Flowerとは?ICPのNFTがアツい!【徹底解説】

現在、Entrepotを中心に、ICPのNFTが非常に盛り上がっています。
1〜2週間でNFTのフロア価格(底値)が急速に上がっており、2倍以上になるものも多数。
その火付け役とも言える存在が…

「BTC Flower(ビットコインフラワー)」です。

今回は、このBTC Flowerについて徹底解説していきます!

  • 2022年2月17日現在での情報です。
  • NFT購入は投資です。自己責任でお願いします!

BTC Flowerとは?

出典:Medium

BTC Flowerは、フランスの芸術家Ludo(ルドー)によって制作されたアートNFTです。

2009本限定

ビットコインが誕生した2009年になぞらえて、2009本だけ制作されました。今後も追加で制作される予定はありません。

他のNFTプロジェクトは1万個などのものも多いので、少なめといった印象ですね。

元ネタはパリの路上アート

BTC Flowerの原型は、2018年にパリの路上アートとして登場しました(上の画像)。これをもとにICP上のNFTとして作られたのがBTC Flowerです。

BTC Flower以外にも、パリ市内にはLudoの作品がストリートアートとして描かれています。メッセージ性の強いLudoの作品は、パリ市民に親しまれています。

奇抜なデザイン

BTC Flowerは、巨大な花とお墓が組み合わさった奇抜なデザインですよね。

お墓に刻まれた「R.I.P」は、ラテン語で「安らかに眠れ」という意味です。お墓には「¥」、「$」、「£」など通貨の記号も描かれています。「BTCが既存の通貨を過去のものにする」といった意味でしょうか…皮肉ですね笑。

作者のLudoってだれ?

BTC Flowerの作者であるLudoは、フランスのパリを拠点に活動する芸術家です。植物や生物のキメラ(合成体)をモチーフにしたアートで有名です。

Ludoは、上海美術館、北京のCAFA、パリのポンピドゥーセンターなどに出展したこともある、国際的に有名な芸術家です。

Ludoのインスタフォロワーは15万人を超えており、あのレディー・ガガもLudoのコレクションのファンだそうです。一流のアーティストですね。

さらに、BAYC購入で話題になったパリス・ヒルトンもLudoをフォローしています。

BTC Flowerの躍進

ここでは、BTC Flowerの①価格と②取引量(ボリューム)の推移について見ていきます。

価格

2022年1月に行われた最初のセールでは、通常価格5ICP、WL(ホワイトリスト)価格3ICPで販売されました。種の状態で購入し、一斉に開封されて中身がわかるようになっていました。

その後15ICP付近で推移したあと、2月に入って一気に急騰しました。
(ここで買っとけばよかった…)

現在は、ICPのNFT内で最高のフロア価格265ICP(約65万円)となっています👇

出典:Entrepot

取引量

上の画像は2月9日現在の取引ボリュームの推移ですが、BTC Flowerの伸び方が異常に早いことがわかります。

BTC Flowerは、既存のNFTコレクションたちを抜き去り、Entrepot内で一気に取引量1位におどり出ました。2月17日現在、81,200ICPの取引量をほこっています。

価格が上がった要因は?

では、どうして短期間でBTC Flowerは高騰したのでしょうか?
作品のクオリティやLudoの知名度のほかに、今後予定されているエアドロップ(無料配布)が大きな要因であると考えられます。

BTC Flowerのホルダー(保有者)には、なんと「ETH Flower」「ICP Flower」がエアドロップされます。

ETH Flower

ETH Flowerは、BTC Flowerのイーサリアムバージョンですね。
上の画像は、先日Ludoが発表したものです。BTC Flowerの使い回しではなく、材質が新しいものに変更されています。この作り込みには驚きです!

当初は5000本が制作される予定でしたが、2月10日のLudoの発表により、2015本だけ制作されることに変更されました。つまり、ほとんどが2009本のBTC Flowerホルダーへのエアドロップのみということです。残りの6本の扱いについては未定です。

BTC Flowerホルダーのスナップショットは2月中に行われる予定です。
エアドロップ日は未定ですが、2月下旬〜3月中と推測されます。

ICP Flower

ICP Flowerは、BTC FlowerのICPバージョンです。
上の画像は、先ほどのETH Flowerの画像よりも前に発表されたデモ画像です。ETH Flowerのように作り込んでもらえることに期待しています!

ICP Flowerについて詳細は出ていませんが、Ludoの意思から考えるとETH Flower同様にBTC Flowerホルダーへのエアドロップのみとなることが予想されます。また、本数はICP誕生年から考えて2021本になるのかなと想像しています。

こちらはスナップショット日・エアドロップ日ともに未定ですが、公式発表によると2022年第4四半期(10月〜12月)にリリース予定となっています。

エアドロップ前後は価格が大きく変動する可能性があります。購入をご検討中の方は注意してください。

広がるBTC Flower

BTC Flowerから派生して、さまざまな取り組みが広がっています。

音楽業界とのコラボ

グラミー賞受賞者で、レディーガガのプロデューサーとしても有名なDJ White Shadow(WS)とのコラボによる、特別なフラワーエディションが予定されています。

ファッション業界とのコラボ

パリのファッションブランド「IRO Paris」とのコラボによる、BTC Flower Tシャツが発表されました。IRO Parisはインスタフォロワー45万人を超える有名ブランドです。

現実世界へ登場!

NFTのBTC Flowerの1289番が選ばれ、現実世界に描かれました。自分のもっているNFTがパリに描かれる…素晴らしい取り組みですね。

BTC Flowerの影響

出典:Entrepot

BTC Flowerの高騰は、ほかのICPのNFTにもインパクトを与えました。
1〜2週間でほとんどのNFT価格が数十%上昇し、2倍以上になるものも多数出ました。

たとえば、Motokoは2月初旬までフロア価格10ICP付近で取引されていましたが、2022年2月17日現在は約30ICP。あっという間に3倍ですね。

BTC Flowerのおかげで、やっとICPのNFTに光が当たったという感じでしょうか!
とはいえ、OpenSeaなど他のマーケットプレイスのNFTに比べて、個人的にはまだまだ安価なものが多いという印象です。今後に期待です。

まとめ

以上、BTC Flowerについて解説しました。

Motoko好きの私としても、ICPのNFTが盛り上がるのはとても嬉しいです。
レディー・ガガやパリス・ヒルトンなどのセレブが購入すれば、さらに注目が集まる可能性もありますね。今後もBTC Flowerから目が離せません!
TwitterやDiscordで追っていきます。

この記事がお役に立てば幸いです。
よければTwitterでシェアしてくださいね!
それでは!ウォッチャーでした。

ABOUT ME
ウォッチャー
個人投資家。仮想通貨投資で生きてます。資産の90%をICP、BTC、ETHで保有。10%をGameFi、メタバースへ分散。長期目線。ファンダ重視。ゲーマー。クリプトの面白さを広めたい!