コインチェック

2段階認証のやり方を画像で解説します!【コインチェック】

みなさん、2段階認証してますか?

多くの仮想通貨取引所では2段階認証の機能があります。

やらないとダメなの?
勧められたけどよくわからない・・・

という人は、ぜひ最後まで読んでください!

パスワードだけではセキュリティが十分とはいえません。
ハッキングを受けてお金が盗まれてしまう可能性があります。

2段階認証を設定して、しっかりお金を守りましょう。

今回はコインチェックで2段階認証する方法を紹介します!
他の仮想通貨取引所でも同じ流れなので、参考にしていただければと思います。

認証用アプリのダウンロード

事前に認証用のアプリをダウンロードしておきます。
「Google Authenticator」というものを使います。

App Store

Google Play

2段階認証の設定

では2段階認証の設定をしていきましょう!

コインチェックのアプリを開きます。

2段階認証を設定していない場合、「アカウント」タブで赤色の警告が出ていると思います。

「設定」をタップします。

セットアップキー(数字)の横のマークをタップしてコピーします。

コピーできたら「認証アプリを起動」をタップ。

先ほどダウンロードした「Google Authenticator」を選択。

アプリストアに飛んだら「開く」をタップ。

認証アプリを開いたら、右下の「+」マークをタップ。

「セットアップキーを入力」をタップ。

「キー」のところに先ほどコピーしたセットアップキー(数字)を貼り付けます。

「アカウント」のところは好きに入力してOKです。

わかりやすいように「Coincheck」や「コインチェック」と入れておきましょう。

入力できたら「追加」をタップ。

「時間ベース」はそのままでいいです。

これで追加できました。

2段階認証を求められたら、毎回ここの6桁の数字をコピペすることになります。

時間が経過すると数字が変わるようになっています。

数字をタップして、コピーしましょう。

コインチェックアプリに戻り、コピーした数字を貼り付け。

「設定を完了」をタップします。

以上で完了です!

今後は仮想通貨を取引するときなどに2段階認証が求められるので、そのたびに「Google Authenticator」から数字をコピーして貼り付ければOKです。

まとめ

以上、2段階認証のやり方について解説しました。

ひと手間増えるので少しめんどうですが、大事なお金を守るためと思いましょう!

他の取引所を使う場合も同様に設定しておくことをオススメします。

それでは!ウォッチャーでした。

ABOUT ME
ウォッチャー
個人投資家。仮想通貨投資で生きてます。資産の90%をICP、BTC、ETHで保有。10%をGameFi、メタバースへ分散。長期目線。ファンダ重視。ゲーマー。クリプトの面白さを広めたい!